「ドSの宇宙さん」を読んだ感想。人生がうまくいってない人に読んでほしい一冊

2019年4月13日

皆さんは充実した人生を送っていますか?
実は僕の人生は挫折の連続で突発的に死にたくなることなんてよくあります。
とてもじゃないけど充実とは程遠い人生を送っています。

そんな自分を多少なりとも楽にしてくれたような気がする、そんな本を見つけました。
借金2000万円を抱えた僕にドSの宇宙さんが教えてくれた超うまくいく口ぐせ」という本なのですが、とても面白かったし、自分と同じように充実していない人生を送っている人に読んでほしい。
一見すると、自己啓発本の類ってすごいオカルトのように感じられるし、胡散臭いと僕も思います。
でもそういう先入観でこの本と出会えないのはもったいないと思いました。
なので自分なりの解釈を交えて感想を言っていこうと思います。

どう言った本なのか

この本は借金2000万円を抱えて絶望している男の前に「宇宙さん」という謎の物体が現れます。
そして「宇宙さん」は「願いを叶えてやる」と言い、それから「ネガティブな口癖はNG」というものをはじめとして、男に人生を変える様々な口癖を教えるという話です。
他人の陰口を気にしないようにする方法や賢いお金の使い方など色々な人生を豊かにする考え方が書かれています。
ただ、「宇宙の法則」、「宇宙にオーダーする」、「宇宙の声に従う」などと言ったスピリチュアルな表現が多用される本です(めちゃくちゃインチキ臭い)。
この本を書いた著者の「実話」に基づいた本で、「宇宙さん」の教えに従った結果どうなったかっていうのがきちんと書かれているので説得力があります。

感想

最初は「宇宙にオーダーするとか意味わからんわ」、「胡散臭いオカルト本か」なんて思っていました。
でもきちんと読んでみるとただのオカルト本じゃなくて、口癖を使った自己暗示本を薦める本なのねって思いました。
本の中に書かれているんですが「宇宙さん」って実は自分の深層心理のことなんですよね。
だから実際には「宇宙にオーダー」っていうのは自分のうまくいった姿をはっきりとイメージするための方法だと考えればしっくりくるし、「宇宙の声に従う」っていうのも深層心理から自分が最適解だと思っていることを、損得考えずにやってみるってことだと考えれば納得いく。
「ネガティブな口癖は悪い結果を生む」っていうのも当然で、自分というものを勝手に定義することで、自分の可能性を自ら狭めて成長を抑えてしまっているってことなんですよね。

この本を読んで、「自分はどうせ 〜だ」とか割と言いがち(特に日本人の謙遜表現)だけど、悪影響しか生まないなぁなんて思ったり、いろんなことを考えさせてくれる一冊でした。
口癖って思ったよりも顔に出るんですよね。
例えば性格の悪い人って性格の悪そうな顔している人が比較的多くないですか?
例外もあるけれど顔を見ればどんな人なのかだいたい想像できるしそれが裏切られることもなかなかない。
そういう顔に出るものを形成していることの一種が「口癖」で、だから口癖っていうのは豊かな人生を作り出す一つの手段になり得るのかなぁなんて思いました。

「成功者になるために欠かせないマインドを形成する手助けをしてくれる。」そんな本だと思います。
人生に悩んでいたり、現状をどうにかしたいって人にとっては読んで損をしない、オススメの一冊です。
一度読んでみて、人生を少しでも豊かに思えるものにしてみてはいかがでしょうか?

書籍版

Kindle版