【ポケモン剣盾】今作の新要素! ダイマックスを切る6つのタイミングを伝授

2019年12月3日

今作で新しく追加されたダイマックス。
このダイマックスを切るタイミングには熟練のポケモントレーナーであっても頭を悩まされます。

ダイマックスには戦局をひっくり返す大きな力があります。
しかし、多くの人が使いこなすことができずに勿体無い使い方をしてしまっています。
ということは、使いこなすことができればマスターボール級が一気に近づくということです!

ということで今回はダイマックスを切るべきタイミングをマスターボール級最高153位の私が簡単に解説していこうと思います。

その1 ダイジェットで相手の素早さを抜ける場合

今作でもっとも強力と言っても過言ではない技、それがダイジェット。
この技を使えば高い火力で殴ると同時に素早さをあげることができます。

自分の攻撃1発では倒せないという場合でもダイジェットで素早さを抜くことができれば、2回攻撃をすることができます。
そして素早さを上げた状態で相手のポケモンを突破することができれば次に出てくるポケモンに対しても大ダメージを与えることができます。

なのでダイジェットを打つことで有利に立てそうな時にダイマックスを打つのは安定して強いです。

その2 出し負けをして引き先もない場合

出し負けをしたら普通は有利なポケモンに引けばいいのですがどうしても引いてしまうとそのあとの展開が厳しくなってしまう場合があります。

そういう時にダイマックスをすることによって強引に相手のポケモンを突破することで、勝ち筋を掴みに行くことができるようになります。
しかし、相手より先にダイマックスをすることで相手のダイマックスへの対抗手段がなくなってしまい、負けに繋がることも多々あるためどうしようもない時以外はオススメしないタイミングです。

その3 出し勝ちかつほのおタイプ、みずタイプが通っている場合

出し勝ちをしていてなおかつ相手のパーティに対してこの2つのタイプが通っている場合もダイマックスを切るタイミングです。

出し勝ちをしている場合は安定してダイバーンやダイストリームを打つことができます。
そしてこの二つの技を打ち、天候を晴れや雨に変えることでダメージを2倍にすることができます。
そのため、相手のパーティを半壊状態まで追い込むことができ、その後の展開が有利に進みます。

その4 相手のダイマックスターンを枯らす場合

勝つためには相手のダイマックスのターンをしのぐことがとても大切です。
しかしダイマックスを3ターンしのぐのはとても難しい。
そのためダイマックス技を確実に防ぐことができるダイウォールを貼ることがとても重要です。
ダイマックスを攻撃ではなく守るために使うことは勿体無く思うかもしれません。
しかし、しのいで好機を待つという選択肢も持っておくことで勝ちにつながるのです。

その5 相手が一撃必殺技を打つしか勝ち筋がない場合

ダイマックスの仕様に一撃必殺技をくらわないというものがあります。
命中率は30%なのですがそのたった30%を万が一引いてしまった場合負けに直結してしまう恐れがあります。

その唯一の負け筋を引かないようにするために念には念を入れてダイマックスを切るようにしましょう。
油断をして負けるのが一番しょうもない上に悔しいです!

その6 回避率を上げてくる相手の場合

今の環境だとなかなかいないのですがごく稀に回避率をあげてバトンタッチをすることで全抜きを狙ってくるポケモンがいます。
その戦法に対して有効なのがダイマックスです。
ダイマックス技は必中技なので相手の回避率の影響を受けません。
なので回避率を上げてくる相手に対してどうしようもない時は相手の身代わりを警戒しつつダイマックスを切るようにしましょう。

まとめ

今作の新要素であるダイマックスは強力である故に非常に使い所が難しいです。
使いこなすことができれば試合を有利に運ぶことができるどころか試合の結果を決めてしまうことすら可能です。

ここで紹介したダイマックスの使い方は一例に過ぎません。
試合を重ねて有効にダイマックスを使えるタイミングを模索していきましょう。