【PS4版APEX】初心者レイスにおすすめの武器構成【エイペックス】

2020年11月23日

この記事はこんな人にオススメレイスの武器構成に悩んでいる人
レイスを使いたての初心者

シーズン7を300戦ほどレイスでプレイしてこの武器構成がオリンパスに向いてるなと感じたものを紹介していこうと思います。
基本的に上から順番におすすめの武器の組み合わせです。
戦績は写真のような感じなので参考になりそうだなと思ったら読んでください。

レイスに重要なのは近距離武器

レイスで試合する上で一番大事なのは近距離の戦闘で確実に相手を一枚落とした後に帰ってくることです。
なのでパーティの場合は近距離武器を2本持っていた方が貢献できることが多いです。
逆に野良でランクマをプレイする場合は中距離以上を撃てる武器を持っている方が貢献できることが多いです。
何故ならば味方と声で連携することができないので詰めるタイミングが敵を遠距離で1枚落とした場合に限られるためです。
それを踏まえてここからはオススメの武器を紹介していきます。

【近距離+ヘムロック・トリプルテイク】

野良でプレイするときやダメージを稼ぎたいときにとてもおすすめの構成です。
オリンパスはひらけた場所での中距離以上の撃ち合いがとても多いため野良だと中距離で1枚落としてきっかけを作ってから詰めるという展開がとても多いです。
ヘムロックやトリプルテイクを持つことで交戦の最初から撃ち合いに貢献しやすいという特徴を持ちます。
もう一本の近距離武器はマスティフ・ボルト・フラットラインあたりの弾もちがよくワンマガあたりのダメージ量が多い武器を持つのがおすすめです。

【マスティフ+ボルト】

近距離特化でいくならこれしかない黄金構成です。
パーティを組んでやるなら味方に遠距離は任せておけばいいのでこの構成でレイスとしての仕事を全うすればいいでしょう。
ボルトは反動が弱いので練習をしていれば30m〜40m離れていても割と削ることができます、ですが中距離を当てられないとオリンパスではなかなか貢献するのが難しくなるので、ボルトの練習をしてからこの構成で持つようにしましょう。

【マスティフ+ウィングマン】

エイムに自信あるならこの構成がおすすめ。
前から回復を多く持つためやグレネードを多く持つためにやる構成として優秀でした。
そして今回の家の構造的にグレネードが刺さる場面がとても多く、グレを投げてたら敵が何もできずに死ぬということがとても多いのでさらに優秀な構成になったという印象。
ただし相当エイムが良くないとこの構成は戦犯になる原因になりかねないのであんまりお勧めはできません。
至近距離以外で味方のカバーをいれたいときにウィングマンを当てなきゃいけないという場面がどうしてもあるのが最大の難点です。

まとめ

基本的にはこの3つの構成を状況と気分によって使い分けることになるのかなという感じでした。
上から順番に初心者・中級者・上級者向けの構成なので、自分の実力に合わせて武器構成を選んでいけばいいと思います。
レイスを使っているとどうしても普通の人より少しうまいプレイを要求されがちです。
しかし武器構成をしっかりとしていれば戦犯にならない最低限の仕事はできると思います。
何より重要なのは立ち回りなので自分の得意な武器構成を見つけたらその武器構成を貫き通しましょう。
そうすればそのうちいい戦歴が付いてくるようになるはずです。