【APEX】シーズン8ランク解説:ゴールド帯で勝てない人が野良でプラチナ帯に上がるための練習一覧【エイペックス】

2021年2月22日

この記事はこんな人にオススメゴールド帯で勝てない人
さらに上手くなる練習方法が知りたい人

初心者がAPEXをはじめてから最初の壁になるのがゴールド帯です。
「ゴールド帯まではスイスイ行けたのにそこからなかなか上がらない」
「急に敵のレベルが上がって勝てなくなった」
「ゴールド沼にはまってしまった」

という野良でランクをやるには厳しいという人が多くなってくることでしょう。

実際シーズン7のランクの分布はゴールドが32.09%と一番多くなっており、ここで詰まっている人が大勢いるようです。
そんな人たちのために今回はゴールド帯からプラチナ帯に上がることができるようになる練習方法を解説していこうと思います。

得意な武器のエイム練習

まずは使い慣れた武器のエイム練習をしましょう。
ゴールド帯で詰まっている人はエイム力がまだ十分ではありません。
例えばあなたは30m先の止まっている敵に対して1マガジンで200ダメージを当てることができますか?
できているならゴールド帯は一瞬で抜けることができているはずです。
ゴールド帯で停滞している人は銃の反動を制御できていない人がとても多いです。
まずは射撃練習場で止まっているダミー人形にどのぐらいの距離まで1マガジンで当てることができるか試してみましょう。
それで当てることが難しかったなら射撃訓練場でまずは練習することからはじめてみましょう。

レレレ撃ちの練習をしよう

レレレ撃ちとは銃を撃つ時に同時に移動キーを入力して左右に動くことで弾を避ける技術です。
ゴールド帯にいる人は棒立ちで撃っている人が多いです。
弾を敵に当てるのに必死になって弾を避けることが出来ていません。
敵に弾を当てるのはもちろん重要ですがこのゲームは死なないことの方が重要です。
まずはレレレ撃ちを練習して何も考えずとも咄嗟に出るようにしておきましょう。
そうすれば生存率が上がり、チームメンバーからのカバーもくるはずです。

腰だめ撃ちの練習をしよう

腰だめ撃ちというのは近距離で銃を撃つ時に構えずに撃つことです。
アサルトライフルやLMGは構えた時に足が遅くなってしまいます。
しかし武器を近距離で撃つ時にそのまま撃つことで足が遅くなるのを防ぎながら撃つことができます。
そのため敵の弾を避けながら敵に弾を当てることができるという必須のスキルです。

また、PS4などコントローラーでプレイしている場合、構えた状態ではエイムが追いつかないという場合に腰撃ちを使います。
射撃訓練場でレレレの動きをしながら常にダミーを画面の中心に捉え続ける練習がオススメです。

グレネードを投げる練習をしよう

フラググレネードとアークスターはうまく使えると圧倒的に有利に戦闘をすることができます。
なぜなら投げ物をうまく当てれば100ダメージ以上与えた状態から交戦をはじめることができるからです。
しかし、ゴールド帯どころかプラチナ帯でもグレネードをうまく使えている人はなかなか見ません。
まずは射撃訓練場でアークスターとフラググレネードがどれぐらい飛ぶのか覚えましょう。
投げる軌道をみなくても一瞬で投げられるようになるのが目標です。

また直下グレネードの練習もしましょう。
直下グレネードとは上に投げたフラググレネードがちょうど敵の頭上に落ちてくるタイミングで爆発するように投げる技です。

↑この動画で直下グレを見ることができます。(将来的にここまでうまくできると上級者の仲間入りができます。)
ここまで完璧でなくてもいいのでそれなりに使えるようにしておくと簡単に戦闘を終わらせることができます。
ある程度射撃訓練場で練習した後にカジュアルで実践練習することでグレネードを使うことを習慣づけることができるでしょう。

遮蔽物に隠れつつ撃つ練習をしよう

ゴールド帯の人はひらけた場所で撃ちはじめることが多い印象があります。
そういう人はまず撃たれた時に近くの遮蔽物を見つける意識をつけましょう。
そしてその後遮蔽物に隠れながら顔をだす時間を最小限に弾を敵に当てる練習をしましょう。
練習方法は射撃訓練場で武器ラックに隠れながら顔を出した瞬間にまとの中心を狙う練習がオススメです。
また、高所から敵を撃つ時もしゃがんだだけで敵の射線を切れる位置から弾を当てられるようにしましょう。

だいたいこのような敵の上半身だけ見えてる状態だと敵の弾が当たりづらいです。
これ以上敵が見えている状態だと顔の出しすぎということです。

まとめ

これらの練習以外もAPEXでは必要になります
ですが、これ以上考えることを増やすと逆に動けなくなってしまいます。
なので順番にできるようにしていきましょう。
ここで紹介していることができるようになっていればゴールド帯は割と楽にあがれる様になっているはずです。